パークゴルフ|ザ・デストロイヤーさんの死

その他

パークゴルフのファンだった

3月7日、88歳で米ニューヨークの自宅で死去した

「白覆面の魔王」ことザ・デストロイヤーさんは

親日家として知られていました。

 

日本にもたびたび来ていまして、私は夜の旭川で

お会いしたことがあります。

その時も、いつものマスクをしていましたが、

お嬢さんも連れずに一人でした。

 

明るい気さくなお人柄は皆さんからとても愛されて

いましたね。

 

自宅近くにパークゴルフのコースを造り、

ニューヨークでもパークゴルフを広めると

仰っていました。

 

その後も日本国内のPGの大会に参加して

皆さんを楽しませてくれていました。

 

1993年に現役を引退しましたが、何度も来日しています。

2011年の東日本大震災復興後は、支援チャリティープロレス

「ALL TOGETHER」のために来日し、デストロイヤー杯

争奪スペシャルバトルロイヤルの立会人も務めていました。

力道山との死闘は今でも語り草です)

2017年にはプロレスラー時代から日米両国の友好親善や、

青少年交流に貢献してきた実績が評価され、

外国人叙勲者として旭日双光章を受章しています。

 

ニューヨークのあPGコースがどうなるのかは

わかりませんが、アメリカでもPGが愛され続けると

嬉しいですね。

親日家のデストロイヤーさん、大震災復興にも貢献 – プロレス _ 日刊スポーツ

 

(参考:日刊スポーツ)

コメント