パークゴルフ|寄せの科学

スポンサーリンク
アプローチ

質問:ラフを通すか、フェアウエイを行くか悩みます。

質問者
I.W

2打目でピンを狙うのに、ラフを通すか、安全策でラフの無い所を狙うか、いつも迷いながら失敗しています。どう考えたら良いでしょうか。

 

きたはち
きたはち

ティーショットでも、ラフ越えで攻めるか、安全にフェアウエイを行くかで悩むことは多いですよね。

人それぞれの技量もありますから、こう考えた方が良い、

というものはありませんが、せっかくのご質問なので、

考え方について書いて見ましょう。

 

ラフを通す場合は、どれくらい上げることができるか、が

決め手となりますので、これについては書くことが難しいです。

自分の技量で攻めてください。

 

ここで述べたいのは、2打目の狙い場所です。もちろん、ラフを

通して2打目で入れられれば良いのですが、下手すると4打。5打

となることもあります。

 

スコアを大きく崩さないという視点から、フェアウエイを

通す場合の科学を述べます。

 

 

ティーショットで図の位置にボールが来たとします。

この位置から、3打でカップインを狙う場合を考えます。

最適な場所は水色とオレンジの線の交わる場所が止めたい場所

(点)になります。

理由はお分かりだと思いますが、水色の線上で、カップに一番

近い距離はオレンジと直角になる点だからです。

 

だから2打目はこの位置にうまく止められるように転がす

ことです。

もちろん、その日の芝の状態(濡れているか乾いているか、

順目か逆目か、上りか下りか 等)にもよりますが、計算して

打つのと、ただ打つのとでは違いが出てきます。

 

水色の線は図では1本しか引いていませんが、これがもっと

右を向いたら、その線と直角になる部分をねらうことになります。

お分かりでしょうか。

 

きたはち
きたはち

日頃から、距離の目測とその距離に合わせる打ち方を身につけることを心掛けるべきだと、私は思っています。

パットはまさにその考えで打つのですが。

 

例えば、普段歩いている時も、あそこまで何mか、あるいは歩数で何歩くらいか、などと実地で訓練することができますよね。

 

 

コメント