パークゴルフ|昭和の森東コース攻略法:ポチコース

スポンサーリンク
コース攻略法

【1番 37m】

左右の傾斜はあまり無いので、真っ直ぐピンを狙いましょう。

やや、下っているので、指標どおりの37~8mで行きます。

ピンはマウンでの上ですが、周りの芝は少し長めなので、

転がり落ちるというイメージはありません。

素直な攻めで行ける所です。

 

【2番 23m】

23mですので、ホールインワンが狙えます。

やや左に持って行かれるので、それを意識して攻めましょう。

ただし、ここもピンはマウンドの上なので、左右に外れると

下に曲げられます。

2は取り易いホールです。

 

【3番 48m】

やや下りです。奥にOBゾーンがあるので、打ち過ぎに注意です。

さらに少し右に流れます。ただ、それを意識すると左のラフに

入れ易いので、真っ直ぐに攻める方が3は確実です。

このホールはピンがマウンドの向こうにあるので、2打目は

マウンドを超えるタッチで攻めましょう。

 

【4番 57m】

57mですが、やや下りなので、54~5mが良いです。

ここもピンはマウンドの頂上付近にあるし、グリンの芝が長い

ので、特にピンの左下から狙う場合はショートしがちです。

大きくゆっくりしたフォームでパッティングをしましょう。

ピンに近づくにしたがって、左へと切れて行きます。

特にグリーンに届かなかった場合は右奥に乗せるつもりで

狙いましょう。

 

【5番 51m】

真っ直ぐ狙えるコースです。ですが、最後に右に落ちるので、

できればやや右から攻めたいところです。

しかし、左のラフに入れると2打ではかなり難しくなるので、

それなら真ん中を無難に攻めましょう。

右に落ちても上りのパットになるので、2は取り易いです。

51mになっていますが、45~6mで十分です。奥には

OBゾーンがありますし、ラフも深いので行き過ぎないこと

です。

 

【6番 61m】

61mですが、やや上りです。やや右下がりになっていますので、

マウンドの右側に流れて行きます。

写真ではピンがマウンドの左側にあります。

しかし、ピンの手前から2打目を打つ時は、ピンの右側を狙うと、

思いのほか真っ直ぐに抜けます。

自分のボールの位置にもよりますが、ピンを真っ直ぐ狙う方が

良いでしょう。

 

【7番 59m】

59mの表示ですが、ここも少し下りコースなので、52~3m

で届きます。

ピンの手前に2つのマウンドがあるので、それを越そうと

すると、奥のOBゾーンにつかまり易いですので注意です。

やや右傾斜がついていますが、真ん中を狙うくらいで良いで

しょう。

いずれにしろ、ピン手前のマウンドで左右に分かれてしまいます。

悪くてもを3を取るためには、2打目はマウンドを越すことが

必要です。

 

【8番 51m】

やや上りです。51mですが、55m位で打ちましょう。

奥はOBゾーンがあります。

この写真ではピンがマウンドの左にありますが、真ん中を

狙って行きましょう。

ピン周りの芝はやや深めです。ショートしないように気を

付けてください。

 

【9番 23m】

23mのコースと表示されていますが、写真のように、ピンが

マウンドの頂上にある場合(大体この場所が多いです)は

よりピンに近づかせるためには40mくらいで打ちたいホールです。

やや左に下がるので、右から攻めましょう。

オーバーすると、奥は傾斜がきついので、手前で止めるか、

マウンドの上で止まるのが最高です。

 

 

 

 

 

コメント