パークゴルフ|昭和の森東コース攻略法:ポロコース

コース攻略法

【1番 34m】

昭和の森のコースはほとんどがマウンドの上にあります。

だから弱いと届かないし、届いても左右に落とされてしまいます。

「のるかそるか」は打ってみなけりゃ分からない、というところが

あります。

それでもホールインワンかでなければ2打で入れるというのが

パークゴルファーの想いですよね。

このポロコースは全長365mで一番短いコースです。

 

このホールも34mですが、乗せるためには42~43mは

欲しいところです。

全体に右に傾いているので、左を狙いますが、下手すると

左のラフに入ってしまいます。

それよりは真ん中を狙った方が「2」につながります。

 

【2番 40m】

確実な所では真ん中狙いです。やや右に持っていかれてちょうど

ピンの方向になります。

一番良いのは植栽の左側を通るルートですが、思いのほか

右に持って行かれて、植栽にぶつかったり、下手すると

右にはねられてOBになることもあります。

距離は40mですが、40mの強さでは届きません。

マウンドの乗せるには45mは欲しい所です。

 

【3番 35m】

やや右下がりのホールです。真っ直ぐ打てば、右のOBに入る

ことはありませんが、やや右に行くと危険です。

また奥にOBゾーンがあります。

乗せるには42~3mは必要です。

 

【4番 30m】

ここは思った以上に左に持って行かれます。

真ん中よりやや右を狙うくらいが良いです。右に外しても

グリーンは平らに近いですから、「2」は取り易いです。

左はラフに入り易いし、グリーンサイドまで届いても、

傾斜が強いので、強さで負けることが多いので注意です。

右狙いの方が無難です。

41~2mは必要です。

 

【5番 67m】

真っ直ぐねらいです。58mですから女性でもワンオン可能です。

ピンがマウンドの奥か手前かということは、ポロの1番から

観察できますので、その様子をスコアカードに記録しておき

ましょう。

こういう考えは他のホールでも必要です。

前の組がまだプレイをしている時は、「遅いな」などと

いう考えはしないで、この後に回るホールの特徴(ピンの位置、

傾き、ボールの転がり、ラフの深さ等、)を観察し、

記録しておきましょう。

そういうことがスコアメイクにつながります。

 

【6番 58m】

やや右に傾いているので、理想は真ん中にある木の左側ぎりぎり

を通すことです。

しかし、左はフェアウエイが狭いので、右から攻めても良いですが、

右を攻めるとほとんど右のラフに入ってしまいます。

ただ、そこのラフはそれほど深くはないので、左を攻める自信

が無い場合は、右を攻める方が「3」は確実です。

 

【7番 23m】

 

23mの距離ですが、やはり40~1mは必要です。

右のふくらみを利用して右から攻めると、その先の右のラフに

つかまります。

やや右傾斜なので、少し左から攻めましょう。

でも真ん中からでも大丈夫です。右下からはピンには

真っ直ぐ狙えます。

【8番 32m】

このホールは矢印の方向が理想的です。ラフがありますが、

42~3mくらいの強さで打ちます。花壇を越えてから、

右に落ちますが、うまく行けば「2」が取れます。

あまり強く打つと奥にはOBがあります。

自信がない人はフェアウエイを行く方が良いでしょう。

その際は強さは37~8mです。

また、花壇より左がピンに近い感じがしますが、

左からは傾斜がきついということと、さらに左には

OBラインがありますので、避ける方が賢明です。

 

【9番 46m】

45mの距離そのままに真っ直ぐ打ちましょう。

写真ではピンの位置がマウンドの手前にあるので、左右の横や

上からよりも手前からの方が、「2」を取り易い場所です。

ピンがマウンドの上にある場合は47~8mは必要です。

コメント