パークゴルフ|転がし、ライナー、ロブショットの打ち分け

スポンサーリンク
ショット

質問:ショットの打ち分け方を総合的に教えてください。

ひで
ひで

今までにいくつかのショットを教えてもらいましたが、それらを総合的に違う点などをまとめて解説してもらえませんか。

きたはち
きたはち

これまでも、一つ一つのショットに対して、気を付ける点などを説明してきましたが、そうですね、まとめることも必要でしょう。

きたはち
きたはち

では今回もまた動画を先に見てもらいましょう。その後一つ一つ季節をして行きます。注目して欲しいのは、この人の打ち方はほとんど同じ構えで、打ち分けている点です。

パークゴルフの基本ショット~べた足、体の回転無し、ロブショット ライナー空越え? スロー再生・有ります 「Park golf」
きたはち
きたはち

いかがでしたか。違いがわかりましたか?。
では一つ一つ解説してみましょう。

ボールの位置とバックスイング

まず、注目していただきたいのは、先に書いているように、

この方の打ち方はすべて同じ打ち方であるという点です。

「べた足、体の回転無し」とありますね。

さすがに体の回転が全く無くて、ショットはできませんが、

確かに体のひねりは少ないですね。

それでもあれだけのショットができるということは

基本がしっかり身についている上手な打ち方です。

 

違いはボールの位置とバックスイングのみです。

 

転がし

スタンスは狭く、ボールは左足のつま先よりやや内側です。

少し上げて、転がす

ボールはやや左でスタンスも少し広くなり、

バックスイングが水平近くまで上がってきています。

ライナー・ショット、遠くまで強いショット

スタンスはあまり変わらず、ボールがやや左で

体から少し離れているようです。

それはアドレスからスイングに入る姿勢が

少し前かがみになってきていることから分かります。

バックスイングも水平より上にきています。

ロブショット(上げて止める)

足とボールの位置はライナーとほとんど変わりません。

違いはバックスイングの大きさだけです。

 

網を越えるショットというのはショー的な

内容ですから割愛します。

 

それにしても、同じようなスイングでこれだけの打ち分けが

できるというのは素晴らしいことです。

注目すべき点はどの打ち方もクラブのグリップ・エンドが

体の中心に向いていることです。

日頃の鍛錬の結果でしょう。

是非見習いたいところです。

きたはち
きたはち

今までのショットで、常に私がポイントとして上げてきたグリップ・エンドの向きと、脇を締めること、そして距離に応じてバックスイングを変えること、これは共通しています。
ただ、この方のように、あまり体を回転させないし、重心の移動も少ない打ち方はミス・ショットを少なくする要素と言えましょう。

ご隠居
ご隠居

おや、きたさんも脱帽の技術ということかね。

きたはち
きたはち

はい、ご隠居さん、少し見習おうと思います。
ひでさん、いかがですか。

ひで
ひで

はい、参考になる点がたくさんありました。
また練習します。

質問・疑問がありましたらこちらにお願いします。

直接ご返事することができますし、場合によっては

記事の参考にさせていただきます。

もちろん、その際は仮名で行います。

お問い合わせフォーム

コメント