パークゴルフ|2020改正ルール(3)

スポンサーリンク
ルール&マナー
スポンサーリンク

2020年3月1日改正ルール(3)

きたはち
きたはち
前回までに記載していない部分で、大切と思われる部分を
追記しておきます

 

プレーヤーの責任

あるホールのスコア及び集計結果を真実の打数より少なく記録し、当該スコアカード又は用紙を

委員会に提出したときは、同伴者も含め、競技失格となる。逆に、プレーヤーが真実の打数より

多く記録し、提出したときは、そのスコアはそのまま有効とする。

【解説】これは以前とは変わっていませんが、最後までしっかりと同組の中で確認することが

大切です。マーカーだけでなく、同組全員の責任です。

 

ボールの拾い上げ

2打目以降は、プレーヤーの判断により同伴者に宣言した上でボールをマークして拾い上げること、また、拭くことができるが、リプレースしなければならない。マークしなかったときは、プレーヤーにペナルティを付加し、そのボールは元あったと思われる位置にプレースしなければならない。

【解説】

これも前回紹介した内容です。今までは、自分の判断でマークしてボールを拾い上げることができたのは、ピンから2クラブ以内にある時だけでした。

今度は、同組の他プレーヤーから要請がなくても、自分の判断でボールを拾い上げ汚れたボールを

拭くことができるとなりました。ただし、リプレース(元の位置に置く)しなければなりません。

このリプレースですが、ボールを置いた後、ボールマーカーを外さずに打つとペナルティとなりますので、注意しましょう。

 

プレース

動かされたボールをプレースするときは、元あったと思われる位置に、ボールを動かしたプレーヤーがプレースすることが望ましい。

【解説】

ボールがぶつかった時の動きです。以前はぶつけた人または本人どちらでも良い表現がありましたが、ここではぶつけた人がプレースすることが望ましい、と言っています。本人とよく確認して、元あったと思われる場所を確定しましょう。

 

プレーの妨げになるボール

プレーヤーは、同伴者から自分のボールをマークして拾い上げるよう要求されたときは、そのボールを拾い上げるか又は先にプレーするかのどちらかを選択することができる。

【解説】

このことは以前とは変わっていませんが、例えば20m以上も離れているボールに対しては、競技の進行上要求しないような「思想」がありましたが、マークの要求は、何メートル先までとする距離の規定はないので、原則として要求を拒否できないことを補足しておきます。

 

カジュアルウオーター

一時的なカジュアルウオーターは(中略)救済を受けることができる。なお雪及び自然の氷(霜を除く)は、プレーヤーの選択により、カジュアルウオーター、又は動かせる障害物として処理することができる。

【解説】

雪や氷については前回までは明記されていませんでした。この改正の要請はおそらく北海道のプレーヤーから出されたものでしょう。これで心おきなく雪をどけることができます。

競技の管理運営(抜粋)

・練習場

競技開始前、委員会は練習場やコースの全部又は一部について練習を認めることができる。

・ペナルティ

委員会は、競技会で本規則に記載のない事象が発生した場合、競技の上、ペナルティを付加又は減免することができる。

・競技失格

委員会は、競技失格を免除すること及び競技失格とする旨の規定がなくても、競技失格を課することができる。

・ローカルルール

曲線の通路等でホールが区分されている場合、通路等を双方のホールのOBラインとするようなコースにおいては、白杭による標示が困難な場合に限り、白杭なしで通路のホール側の境界線をOBラインとすることができる。

【解説】

従来、失格については厳しく断定的でしたが、今回、委員会の判断により「ペナルティや失格を免除することができる」と温情的な裁定になったと言えましょう。一方、マナーの面も含めて、会は「失格にすることができる」としています。特に会の運営に当たる人たちは意識しておくべきでしょう。

最後のローカルルールのOBについてですが、ボールが通路に出ても、ホール側の芝に少しでもかかっていればセーフという判断ができる意味で記載しておきます。

2020改正ルール(2)

2020改正ルール(1)

コメント