パークゴルフ|2020改正ルール(2)

スポンサーリンク
ルール&マナー

 

きたはち
きたはち

2020年3月1日施行の改正ルール(2)です。

 

9 ボールへのアドレス

旧ルール:2打目以降で、プレーヤーがアドレスした時に、クラブがボールに触れてボールが動いた場合は、これをストロークとみなし1ストロークに数える。ただし、この場合において、ボールが元の位置に戻った場合に限りストロークと見なさない。

2打目以降で、プレーヤーがアドレスしたときに、クラブがボールに触れた場合は、これをストロークとみなし1ストロークに数える。

【解説】

今までは、クラブがボールに触れても、ボールが元の位置に戻れば打数に入らなかったのですが、

今度は打数にカウントすることになります。触れないように注意しましょう。

 

10 ボールの拾い上げ

第2打以降は、プレーヤーの判断により同伴者に宣言した上でボールをマークして拾い上げること、また拭くことができるが、リプレースしなければならない。

【解説】

旧ルールでは、ボールを拾い上げることができるのは、規定の範囲内でしかできませんでした。

しかし、この条項を読む限り、「プレーヤーの判断により、同伴者に宣言した上で」拾い上げることができるとしています。

例えば、ボールが汚れたので、宣言の上マークして拾い上げることができるようです。ただし、必ずボールはリプレース(元に位置に戻す)しなければなりません。他のプレーヤーから要請があった場合は今までと同じです。

注意したいのは、ボールがラフ等にある場合です。宣言の上でマークして拾い上げた場合、元のライの状態に正確に戻さなければなりません。他のプレーヤーからライの改善を指摘されてペナルティとなる可能性があります。

 

11 動かせない障害物

動かせない障害物を動かしてストロークしたときは、ペナルティを付加する。

【解説】

前回の「8 ライの改善」にも関係していますが、ネットは動かせない障害物です。今回の改正では「触れてはならない」と言っていますので、少しでも触れそうな心配がある場合は「アンプレアブル宣言」をしましょう。改正後は1打のみで済みます。

大木は寄りかかっても動くことはありませんからペナルティにはなり難いですが、小枝や葉っぱは生長物に触れたとしてペナルティになるので、要注意です。

 

12 カジュアルウオーター

旧ルール:ストロークされるボールが当該カジュアルウォーターを避けうる、カップに近づかない、ボールが止まっていた所にできるだけ近い位置に、ペナルティなしで拾い上げたボールをプレースする。

救済を受けるボールが止まっている位置から、当該カジュアルウォーターを避けうるできるだけ近い位置までの距離以内で、カップに近づかない位置にペナルティなしでボールをプレースすることができる。

【解説】

比較して読むと、ボールに近い位置と、当該カジュアルウオーターに近い位置の違いのようですが、正直違いが明確には分かりません。

質問として提出しましたので、回答があればここにアップします。

 

13 修理地

プレーヤーが救済を受ける場合は、スタンス及びボールが当該修理地に掛からず、カップに近づかない位置で、かつボールが止まっている位置からできるだけ近い位置にプレースしなければならない。この場合、次打でボールが修理地を通過することは問わない。

【解説】

最後の一文に付きます。プレース位置は次打で修理地を通っても良いことになりました。

 

きたはち
きたはち

ルールや規律・規定の文章って、判読が難しいところがありますね。

2020改正ルール(3)

(参考:みんなのパークゴルフHP、公益社団法人日本パークゴルフ協会HP)

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
ルール&マナー
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント