パークゴルフ|西の里パーククラブ攻略法・エゾリスBコース

スポンサーリンク
コース攻略法
スポンサーリンク

エゾリスBコース、全長373m

【1番 29m】

29mですが、ティーショットは曲がり角より向こうに止めないと

第2打がラフを通すことになり、距離感が難しいです。

ピンが写真の左手前にある場合、ティーショットは向こうの

ラフまで行っても大丈夫です。

ピンが写真の位置にある場合、あまり曲がることを考えずに

パットをしてください。

ピンが左手前の場合はやや左に流されますが、微妙です。

 

【2番 37m】

写真の位置の場合、強さは42mくらいで、一番奥にある場合は

43~4mは必要です。

ここはやや左を通してください。弱いと右に流され、最悪の

場合、右のラフに入ります。

グリーンは右傾斜ですから、パットも弱いと曲げられます。

ピンの向こう側、30cm位を意識して中央に真っ直ぐ打ちましょう。

 

【3番 27m】

下りのコースで、一見楽に2が取れそうですが、注意は左の

ラフです。

ピンに近づけようとして、左のラフスレスレを狙うと、間違い

なく、ラフに流されます。

コースの真ん中を35~37mくらいで打ってください。

ボールは曲がってピンに向かいます。

グリーンの奥にある場合は41m位の強さでピッタリです。

強いと奥はOBです。

 

【4番 33m】

上りがきついホールです。

33mですが、40~42mは必要です。

42mの強さで左奥のラフに入っても、うまく行けば2で入り

ます。

ピンが一番奥に立っている場合、2打目は入れることよりも

距離を合わせることを優先すべきです。奥が下っています。

 

【5番 46m】

最初が上りなので、50mは必要です。

フェアウエイもグリーンも左傾斜になっているので、ピンよりは

右を狙ってください。

ピンの根元は見えませんが、結構ホールインワンが出やすい

ホールです。

 

【6番 35m】

かなりの上り傾斜、しかも左傾斜です。

思った以上に左に流れます。

写真のピンの位置なら41~2m。山より上にある場合は43m

は必要です。

傾斜がかなりきついので、できればピンの下に付けたい

ところです。

 

【7番 28m】

短いですが、上りなので、38~41mで打ちます。

42mでは奥のラフに行きます。

写真には写っていませんが、ティーグラウンドのすぐ前に

小さな山があり、ここに当たるとどの方向に曲げられるかは

わかりません。

できれば上げて山を越える方が賢明です。

グリーンは全体に左傾斜なので、ここで2が取れれば

ラッキー―です。

 

【8番 58m】

ティーショットでグリンに乗らないと、3打も難しいホール

です。

写真のピンの位置は右の斜面にあるので、2打目は距離合わせで

ピンの下に付けましょう。

オーバーすると、パットが難しくなりますから、できれば

真下か、短い方が3が取り易いです。

ピンが左にある場合も基本的に狙いは同じです。

 

【9番 80m】

全体に右傾斜ですから、やや左を通しましょう。

弱いと右のラフに持って行かれます。

ラフに入ったら、2打目はピン方向を狙うと、またラフを走らせる

ことになります、

右のラフに入ったら、2打目の狙いはグリーン左サイドです。

グリーンそのものも右傾斜です。

3打で上がれたら、ラッキーだと言えるでしょう。

4打は普通と思ってください。

コメント