パークゴルフ 超簡単、ラフからの脱出~2 追記

トラブルの対処法
11180001
スポンサーリンク

ラフからの脱出方法を教えて

ラフに入ったボールをうまく出せません。どうしたら良いのか教えてください。

ラフからの脱出法~その2 ロブショット

前回はかぶせ打ち(カット打ち)を説明しましたが、こちらは慣れると、ボールが楽に上げられるし、距離感も調節しやすいので、是非会得して欲しい方法です。

ボールと両足で三角形を作る

まず、図のようにボールと両足で三角形を作ります。従って三角打ちとも言います。

1 これは正三角形でなくとも構いません。あなたが打ちやすい距離に合わせて三角形を作ります。

クラブ・フェイスを目標に

2 クラブ・フェイスを目標の方向に合わせる。つまり、クラブヘッドの矢印を目標の方向に合わせるということです。

3 クラブをボールに近づけたアドレスでは、クラブ・フェイスは目標に向けると、当然のように、フェイスは垂直にはならず、上向きになります。この上向きがボールを上げる角度になります。従って、より高く上げるには膝を曲げるとさらに上向きになります。これもあなたが打ち易い角度にしてください。

クラブを振りぬく方向

4 ここで一番大事なことですが、最初の図にあるように、クラブは両足に平行に振ります。もちろん、クラブ・フェイスの向きを変えてはいけません。向きはボールの飛んで行く方向ですからね。

5 ボールが体から離れているので、ダフルこと(クラブがボールに当たる前に、地面を叩くこと)がありません。

6 いつもの打ち方と同様に、目を離さないこと、しっかりクラブを振りぬくこと、両脇をあけないことが必要です。

実際の写真

 

 

左の写真で注目して欲しいのは、クラブ・フェイスが足と平行な方向ではなく、ボールを打ち出す方向を向いていることです。このままクラブを両足と平行の方向に振りぬくだけで、ボールは面白いようい上がります。

追記

ここでもう一つ追記でお示しします。

ショットの際は「手打ち」ではいけません。脇をしっかり締めて、肩から腰までを一体にして回転させることです。

方向がいつもバラつくという人は、ほとんどが手打ち状態になっています。スイングはバックスイングを大きくとっても、小さくても、打つ瞬間はアドレスと同じ形になっていればブレることはありません。

もう、お気づきかもしれませんが、これはロブショットですから、ティーショットでも使えます。ドッグレッグのコースを真っ直ぐ狙いたい時、ラフを越えて打ちたい時、などに是非試してみてください。

パークゴルフの面白さが広がりますよ。

 

コメント