パークゴルフ|狙った方向に決めるパットの打ち方

スポンサーリンク
パット

 

パットが狙う方向と違う

 

はな
はな

パットをした時、狙いと違う方向にボールが転がって行くことがよくあります。改善点を教えてください。

きたはち
きたはち

 

分りました。

思った方向にいかない理由はいくつかあります。

それを考えてみましょう。

 

パットがぶれる理由

1 体の向きが違っている。

2 小手先だけで打っている。

3 打つ瞬間にボールから目が離れる。

4 グリーンの傾きに気が付いていない。

 

こういう内容で検証してみましょう。

まず、次の2枚の写真をみてください。

このプレイヤーのパットは、インパクトの瞬間にフェイスが開いていると

いうことがよく判りますね。

 

つまり、クラブフェイスが向きを変えてしまっているのです。

しかも影からわかるように、バックスイングではクラブを

かなり持ち上げてから、上から叩くようにパットをしています。

 

このプレイヤーは芝面にダフルことを恐れて、このような

打ち方になってしまったと思われます。

 

しかしこのプレイヤーは、長い期間、この打ち方をしている

ので、パットは上手なんです。

 

このことは非常に大切な意味を含んでいます。

インパクトの時のクラブフェイスの向き

つまり、パットでボールが打ち出される方向は、

インパクトの瞬間のクラブフェイスの向きで決まる、

ということなのです。

 

このことは何もパットだけではなく、他のショットに

ついても言えることですよね。

 

ですから、狙った向きにボールを打ち出す方向は

きちんとクラブフェイスが(または、上の写真で言うと、

クラブヘッドに刻印されている白い矢印)目標に向かって

いることが大切なのです。

 

体の向きの確認方法

これは、仲間に後ろから見てもらえればわかりますが、

自分で確認するためには、両足のつま先に当たるように

クラブのシャフトを置いてみてください。

 

そして、クラブを置いたまま、そのクラブの向きが目標に

向いているか、後ろから確認してみてください。

 

それで目標と違う方向を向いていれば、あなたの体は

違う方向を向いているということです。

 

このことはティーショットやアプローチでも言えます。

ラウンドしている時はなかなかできないので、練習の

時に行ってください。

小手先だけで打たない

両足と体の向きが正しく決まったら、次はパットの瞬間に

クラブフェイスが目標方向からズレないことが必要です。

 

そのためのはクラブを真っすぐ引いて、真っすぐ打ち出す、

ということがよく言われますね。

 

しかし、これには落とし穴があります。

 

それはクラブフェイスの向きが変わるということが

あるからです。

 

真っすぐに引いてもフェイスの向きが変わっては意味が

ありません。

 

ポイントはフェイスの向きを変えない、ということです。

そのために大切な方法は、

1 両脇をしっかり締める。

2 スイングは手先で行うのではなく、肩の回転で行う。

この時、「イチ、ニイ、サン」で打つと急いでしまう

ので、「イチ、ニイ の サン」と、引いた時に

少しタメを作る方が失敗を少なくできます。

3 打った後も、ボールのあった場所から目を離さない。

すぐに顔を上げてボールの行方を見たい気持ちになり

ますが、グッと我慢してください。

顔を回すと、肩も左(右利きの場合)に引っ張られて

ひっかけてしまいます。

 

そしてもう一つ、「重心」の位置です。しっかり両足に乗って

おくことが大切です。ちょっとしたことで、体が揺れてしまい、

違った方向に出ることがあります。

特に風が強い時などには留意が必要です。

 

グリーンの傾きの確認方法

次にグリーンの傾きをしっかりととらえる必要があります。

ここまで字数をかなり使いましたので、このことについては、

次を参考にしてください。

パットがぶれるのですが
パットがどちらに曲がるか知りたい

 

 

きたはち
きたはち

50m も 50cm も同じ1打です。

パットを正確に決めてスコアアップにつなげましょう。

新たに、次の記事も加えました。

グリーンの傾きを調べる方法~写真付き

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
パット
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント