パークゴルフのパットがぶれるのですが

スポンサーリンク
パット
スポンサーリンク

パットが左右にぶれて安定しません

右に行くかと思えば左に行ったりと、安定しません。何とかぶれないパットの仕方はありませんか。

大丈夫です!あります。

50cmのパットも50mのティーショットも同じ1打ですよね。

せっかく近くに寄せたのに、それを外してしまうとショックが大きく、後のプレイにも影響することがあります。

そしてホールアウトしてスコアの発表があった時に、                                                                   「ああ、あの1打が入っていれば・・・!」                             という悔しさが改めて思い出されて、さらに後悔の気持ちが出てしまいます。

パットが左右にぶれる原因を考察してみましょう。原因がはっきりすればそれに対処する方法も考えることができます。

ぶれの原因

一般的に左右にぶれる原因は

①右手が強すぎて、左に引っ掛けてしまう

②左手が強すぎて、右に押し出してしまう

③左右に限らず、そもそも狙ったラインから外れている

④クラブフェイスの芯で打てていない

⑤狙う方向が間違っている

ということがあります。

①から④までは多くの人が、パットの際に両脇が空いている、すなわち脇が体から離れてしまっている、ということがあります。

この点については他のショットと同じで、脇を空けては狙った方向には打てません。

ですから、解決策は

①必ず両脇締める

②狙う方向はクラブヘッドの矢印で確認する

ということの2つさえしっかりできていれば、そんなに外すことはありません。

確認を忘れない

私のことを申し上げれば、実は私は両目とも乱視が入っていて、パットの時に、クラブを上から見ただけでは狙う方向が分からないと困った現象があります。

ですから、パットをする前に必ずラインの後ろから狙う方向を確認します。そしてその方向が決まったら、クラブをしっかりと芝に押してつけて方向が変わらないように固定したまま、体を回してパットの体勢に入ります。

この時、クラブが動かないようにすることが大切です。上から抑える力が弱いとクラブヘッドも回ってあらぬ方向を向いてしまいます。ここが一番大事なポイントです。

(クラブヘッドにある矢印を目標に向ける)

次に両足を、狙いの方向に平行に構え、両脇の締めを確認して、肩の回転でヒットします。この時ピンを見ないで最後までしっかりとボールから目を離さないことが肝心です。

ピンを見ると体が左に回って、引っ掛ける失敗をしてしまいます。

絶対にぶれないパット法

これも私が実践しているパット法です。

それはゴルフで長尺のパターを使っている選手がいますが、あれに近い感覚です。

左手は普段の位置。そして右手をシャフトの位置まで下げて握ります。

(離れたグリップ)

写真を見てください。右と左があまり離れていないように見えますが、カメラが下からなので、そう見えますが、20cmは離れています。この間隔はあなたがしっくりとくる長さで結構です。敢えて言えば、右手が下を持つほど方向性は安定します。

これだと、たとえクラブの芯を外してもボールに負けてしまうことはありません。

因みに、右手人差し指を伸ばしているのは、方向性を安定させるためです。

ポイントは同じ

ポイントは上にも書いているように、目標の方向のラインに真っすぐに引いて(この時、腕だけではいけません)ここでも脇をしめて肩を回す感じです。そして肩を回してライン上の方向に打つ。決して押し出すのではなく、きちんとボールを見てヒットします。

ヒットすると言っても適正な距離がありますから、距離を合わせることは大事です。                日頃の練習で、距離感を体で覚えましょう。

近い距離ならなお有効

このパットの方法なら、極端に傾斜が無い限り、真っ直ぐピンを狙えば大丈夫です。

パット練習をする時、1mくらいから50センチずつ離しながら5mくらいまで打ってみましょう。

感覚が身についてきます。

これであなたがグリーンに立った時、いつもの仲間を2度驚かせることになるでしょう。1つは構えが変わったこと、2つ目はよく入ることです。

是非マスターして欲しい方法です。

 

コメント