パークゴルフ|3組6人のペア戦検証

スポンサーリンク
その他

新ルールでは解禁

 3組6人のペア戦、実態は?

2020年のルール改正で、3組6人のプレイが許されています。

きたはち
きたはち

新型コロナウイルス感染問題で、北海道は緊急事態宣言が

まだ解除されていませんが、「三密」を避けるという約束で

「3組6人」のペア戦を実施してみました。

その報告です。

場所は北海道江別市にある「エルムパーク西の里パークゴルフ場」です。

私達は空いている今の時期の方がやり易いだろうと予測していました。

 

案の定、結構空いている状態でしたので、今だとばかりにスタートしました。

後続のパーティがいなくて、気軽にスタートできました。

 

ティーショットは6人全員が行いますので、4人組よりは

少し時間がかかります。

 

しかし、2打目からは3個のボールで進みますから、3人組と

同じくらいのスピードで進むことができます。

 

ですが、4ホールを終えたところで、後ろから2人組が

追いついてきたのです。

 

そこで、私たちは一応6人全員が打ち終わってから、後続の

2人組に、

「6人のボールがありますが、それで良ければお先にどうぞ」

というと、

「やらせてもらいます!」

と喜んでティーショットをしてくれました。

ボールがぶつかる心配

この時、私たちのボールにぶつかったら、それは石ころと

同じ扱いですから、それは当然覚悟の上だったはずです。

しかし、70mのホールだったので、その心配はありませんでした。

 

全体を通じて、6人のティーショットは、お互いのボールが

ぶつかるということはありませんでした。

このことは4人でラウンドする場合とそんなに違いはない、

ぶつかる確率はそんなに変わらないだろうと思われました。

 

その後、7番ホールで次の2人組が追い付いてきたので、ここでも

お先にどうぞで譲りました。

 

この二人も喜んで先にショットしました。

多分、少しイライラしていたのかもしれません。

 

18ホールまではそのまま進めました。

 

次のコースに進んだ1番ホールで、すぐ後ろに4人組が

きたので、事情を話し、「できればお先にどうぞ」と断ると

「いえ、私たちはゆっくり行きたいので、構いませんよ」

ということでした。

 

結局、その後はずっとその4人組の前だったので、

最終ホールまでそのまま進むことができました。

 

留意点と感想

先に述べたように、混んでいない、つまりプレイを楽しんでいる人が

少ない方が前の組との間隔が空いてしまうことが分かりました。

 

そういう時は後続の組に譲るという考えを持っていた方が

良いでしょう。

 

逆に混んでいる時は、前のホールが空くことは無いので、

むしろ3組6人は待たせることもなく、やり易いと

いうことが分かりました。

 

しかし、この場合も前のホールや後続組の様子を見ながら

判断するという意識を持った方が良いと思われました。

 

きたはち
きたはち

お互い、楽しい気持ちでプレイしたいですからね。

良ければ参考にしてください。

 

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
その他
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント