パークゴルフ|ロブショットで濡れた芝を攻略

ショット

質問:芝が濡れて飛距離が稼げない時のショットを教えてください。

 

スポンサーリンク

濡れ芝はロブショットで攻めろ

しん
しん

濡れた芝の中で、飛距離を稼ぐ方法を教えてください。

きたはち
きたはち

今シーズンもいよいよ始まりましたね。春は特に天候が変わり易く、雨の中でのプレイをしなくてはならない時もあります。

そんな時は今までレッスンしてきたロブショットで攻めましょう。

まずは、いつもどおり動画を見てください。

ロブショットで攻める

【パークゴルフテクニック】雨天、濡れた芝対策・ロブショット
しん
しん

3人とも上手に攻めていますね。

きたはち
きたはち

雨の中ですから、きちんと上げて、強く振るという意識が感じられますね。ロブショットのポイントを思い出してください。

しん
しん

ボールを両足で三角を作り、クラブフェイスは狙う方向、クラブを振る方向は両足に平行、でしたね。

きたはち
きたはち

はい、そのとおりです。さらに付け加えると、手打ちにならないように、両脇を締めて、体の回転で打つということです。

ここで確認しておきましょう。

「体の回転で打つ」という表現は、人によっては「肩を回す」「腰の回転で打つ」という言い方をしますが、実はこれはすべて同じことです。

他を止めて、肩だけで回すことはできませんし、他を止めて腰だけを回すことはできないからです。

つまり、肩も腰も体も回転させるということなのです

きたはち
きたはち

そのことを意識してロブショットで攻めましょう。

 

きたはち
きたはち

もう一つ付け加えておきます。ラフからのロブショットは、少し腰を落とした方が成功率があがります。何故なら、腰を落とすことでクラブフェイスがさらに上を向くからです。意識しておきましょう。

 

質問コーナー(パークに関する質問なんでもどうぞ)

コメント