パークゴルフのニアピンの競争でホールインワンになりましたが、ダメだと言われました

スポンサーリンク
ルール&マナー

仲間内のミニ大会で、同点1位になり、優勝決定をニアピン勝負で決めることになりました。Aさんはピンを外れて3m位につけました。次に打ったBさんのボールがホールインワンとなりましたが、ホールインワンはニアピンではないということで、Aさんの優勝になりました。納得がいきません。ホールインワンの方が優勝だと思うのですが、教えてください。

事前の確認

実はこの疑問を持っている人は意外と多いのですよ。

その答えを書く前に「ニアピン」の定義を確認しましょう。

主にパー3のショートホールで行われるもので、ティーショット(第1打)をストローク・マッチプレーを問わず普通通りに打ち、打球をピンに最も近づけた選手が勝ちとなる。ピンに直接ボールがカップインした場合はホール・イン・ワンとなる。

(コトバンクより)

これはゴルフ用語としての説明です。ここではニアピンとホールインワンとを明確に分けています。

ですが、ご質問のように、ホールインワンの方が、ピンに一番近いのではないかという考えの人もいることは確かです。

一方、ニアピンの測定をする時にはボールからホールの縁までの距離を計測します。ホールの真ん中というのは測定し辛いからです。1~2mmの違いで決定する可能性を考えると、縁の方がはっきりと目で確かめて測定できるからです。

そうすると、ホールインワンしたボールはカップの縁から0(ゼロ)mmと考えることもできる訳ですよね。従って最近はホールインワンが出た時は、それが最も近いニアピンだという考えが主流になってきています。心情的にもその方が共感を得られるということもあります。

因みにゴルフでニアピンを競うホールで、ホールインワンになった場合は目印の旗をピンの中に刺すという方法を取るようにしています。

皆さんが納得できる結果にするためには、事前にホールインワンをニアピンとするかどうかについて主催者に確認して、周知しておく方がよろしいかと思われます。

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
ルール&マナー
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント