パークゴルフ|距離の合わせ方を教えてください

スポンサーリンク
ショット

質問

ひで
ひで

方向性については前回で解りました。次は距離の合わせ方を教えてください。

きたはち
きたはち

はい、これもパークゴルフを楽しむ上で、とても大事なことですね。今回も理論的なことからしっかり学んで行きましょう。

ひで
ひで

よろしくお願いします。

きたはち
きたはち

あなたは、距離の合わせ方はいつもどのように意識していますか?

ひで
ひで

大体、距離に応じて、強く打ったり、弱く打ったりしています。

 

ひで
ひで

でも、強さは感覚的なものだから、他の人は分からないですよね。

きたはち
きたはち

そうなんです。自分でも説明できませんから、他の人にも解らない。

きたはち
きたはち

だから分かり易く説明しましょう

 

左は40mを意識したスイングで、右は50mを意識したスイングです。

つまり、バックスイングのクラブの高さとフォローのクラブの高さを意識してボールの飛距離をコントロールする打ち方です。

こうすることで、強さは同じでも、違った距離が狙えるという理論です。

きたはち
きたはち

どうですか、この考え方。解りますか?

 

ひで
ひで

 

 

なるほど、強さでなく、スイングの大きさで変えるということですね。

きたはち
きたはち

そうです。これだと、距離が増えれば、スイングの角度も大きくすれば良いので、5m間隔でのコントロールも可能です。

ひで
ひで

よく解ります。今度から練習で意識してみます。

きたはち
きたはち

もう一つアドバイスをすれば、網の中でのショット練習では距離感の練習はできません。できれば50mくらいの距離が取れる場所での練習が効果的です。

それも、10mずつの距離が分かるような工夫をすると効果的でしょう。

ひで
ひで

はい、ありがとうございます。

きたはち
きたはち

距離も方向性もコントロールできるようになったら、後は強さでコントロールすることを身につければほぼショットは完成です。

頑張りましょう。

コメント