パークゴルフ|エルムパーク西の里攻略法・クルミBコース

スポンサーリンク
コース攻略法
スポンサーリンク

クルミBコース・全長429m

【1番 50m】

奥は急斜面のバンカーになっています。打ち過ぎは禁物。

ピンの左右に関わらず真ん中を攻めましょう。

後半が下りになっています。45mくらいで良いでしょう。

比較的2は取り易いところです。

 

【2番 42m】

上り勾配ですが、芝が弱いため、標示どおりの42mでOKです。

後半右に切れるので、できれば左端を狙いたいのですが、

ラフに入る恐れもありますから、ピンの位置に関わらず、

オレンジのルートが最上です。

下からのパットはショートしがちです、注意しましょう。

 

【3番 40m】

春先は39mでちょうど良かったのですが、夏場は41~43m

くらいです。

やや右に切れますが、あまり右側を狙うと右のラフに流れます。

またピンの奥は下って早いですから、十分注意です。

真ん中を強めに打つと左のバンカーに流れて、最悪の結果に

なります。真ん中を狙うなら40~41mで止めましょう。

 

【4番 30m】

ピンが写真の位置なら41m位が最適です。

ピンが左下の位置でも43mまでの強さです。流れますので、

左の場合もオレンジのルートよりやや左です。

ギリギリを狙うと、ほとんどがラフに流れます。

2は取り易いホールです。

 

【5番 32m】

理想は右ぎりぎりのルートですが、後半は右に流れて、ピンに

近づいて行くので、余裕あるくらいでも十分です。

40mでは弱いかもしれません。41mくらいで攻めて欲しい所です。

ただし、この位置のピン周りは癖があります。弱いと入りません。

ピンの向こう側30センチくらいを狙いましょう。

ピンが左にある場合は真ん中を攻めれば、自然と左に流れます。

打ち過ぎは禁物。奥は早く、落ちてしまいます。

 

【6番 52m】

52mですが、方向により距離のコントロールが難しいホールです。

左手前の出張ったラフは強く、ボールの勢いが殺されます。

従って、このラフを越える上げボールができる人は45mの強さで

ちょうど良い所です。

あまりピンに寄せようという気持ちは持たずに、真ん中に乗れば

上出来だと思ってください。

上り勾配があるからと、強く打つと、簡単に奥のOBにつかまります。

向こう側は下り坂でボールが止まりません。

水がたまり易いホールなので、雨上がりは注意です。

しかし、ウオーターハザードでの救済ができますので、

ピンへのルートに水が無い場所まで移動できます。

 

【7番 70m】

全体に右側に傾斜しているので、右のラフに入り易いホールです。

左のラフに入れるよりは、右の方が攻め易いです。

右側2本目の木を越えた場所までボールが行けば成功だと

思ってください。

2打目は上りがきついので、ショートし易いです。

ただし、奥にはバンカーが待っています。

 

【8番 64m】

やや下りで、左傾斜。奥に見える白いネット支柱を狙う位です。

弱いと左のラフにつかまります。

強すぎると右のラフか奥のOBに行ってしまいます。ルート取りが

難しいホールです。58~60mで良い強さです。

ピンをオーバーしない限り、パットは上りになります。ショート

しないように意識しましょう。

 

【9番 49m】

上りがきついホールです。上り切るためには50mは必要です。

ただし、真ん中より左に行くと、左のバンカーに入ります。

このバンカーは縁が曲がりくねっていて、やっかいです。

ただ、右半分を通れば、うまくピンに近づきますが、これも

強すぎるとと奥のラフに入ります。

 

ラストの3ホール(7~9番)でスコアを崩してしまいがちです。

いずれも3で上がれれば良しとしましょう。

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
コース攻略法
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント