パークゴルフ|クラブをぶら下げてグリーンの傾きを調べる方法の詳細(説明写真追加)

スポンサーリンク
パット

質問:クラブを目の前にぶら下げて ピンからボールまでの傾きを見る方法が いくらやってもわかりません 皆さんはそんな簡単に会得しているのでしょうか(S・A)

 

きたはち
きたはち

S・Aさん、ご質問ありがとうございます。
皆さんが簡単にできているかどうかは私にはわかりません。
でも、こうやってご質問をいただいたということに真摯に応えて

解説したいと考えます。

次のようにしてみてください。

明らかに傾いているグリーンで行うと解りやすいです。

1 ボールとピンとあなたが一直線上(大体で良いです)になるように

ボールの後方(つまりピンとは反対方向)1mくらいの所に立ちます。

2 クラブグリップを親指と人差し指で持ちます。

3 片目をつぶります。(この時開いている目があなたの利き目です)

4 そのままシャフトを目から30~40cmの所にぶら下げます。

シャフトが見える範囲はグリップよりも下の部分の方が理解し易いでしょう。

 

5 シャフトの下の方にボールが重なるようにぶら下げます。

6 そのまま、シャフトができるだけピンの根本に近づくように上体

(厳密にいうと目の位置)をズラします。

追記:ピンの延長線がボールの中心に来る位置です
図では赤の線です。

クラブの軸は青の線ですが、重ならないように、

写真では右にズラしています

傾いていれば、必ずどちらかにピンの根本がズレます。

グリーンが傾いていなければ、ボールとピン全体は重なります。

重ならないように、図ではわざと右にズラしています。

7 ここで閉じていたもう一方の目を開けてください。

8 ボールとピンとグリーンの位置関係が見えます。

9 ピンフラグが左に見えれば斜面は左に傾いています。

(右に見えれば右に傾いている)

 

10 ピンに対してクラブのシャフトが示す方向が狙うラインになります。

 (図では青のラインです)

もちろん、打つ強さによってその方向は違いますが、ジャスト・タッチ

で打つと概ね狙い通りのラインです。

ですが、ジャストタッチはショートすることが多いので、

強さに応じて、さらに内側(ピンに近い方向のライン)を狙います。

何故なら、強いボールほど、曲がりが少なくなるからです。

 

慣れてくると、両目をあけたままで見ることもできますし、素早くラインを

読むことができます。

タッチの感覚も身についてきます。

 

より傾き強い場所の方が分かりやすいです。

 

きたはち
きたはち

理解できるまで実践してください。

身につくと、強い武器になります。

 

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
パットお問い合せ
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント