パークゴルフ|冬場の練習

スポンサーリンク
ショット
スポンサーリンク

冬に何故パークゴルフ?

ひで
ひで

北海道では冬は雪の上で、つまり雪上パークゴルフをしている人たちがいますが、厳寒の季節になぜそこまでやるのでしょうか。

きたはち
きたはち

それにはいっくつか理由があります。

1 季節を問わず、パークゴルフを楽しみたい。

2 冬の運動不足を解消したい。

3 仲間と楽しい時間を過ごしたい。

4 少しでも技術を高めたい。

きたはち
きたはち

という理由が主なところでしょうね。

ひで
ひで

1から3まではわかりますが、4はわかりません。

だって、夏場の芝とは違うじゃないですか。

きたはち
きたはち

確かに雪の上で、何の練習になるのか。雪の上はガタガタで、狙い通りにボールは転がらないし、寒いだけだろう、

という声はよく聞きます。

ひで
ひで

雪の無い、本州や九州の方でも芝は枯れていて、本格的な練習にはならないと思いますが。

きたはち
きたはち

そうですね、確かに本格的な練習とはならないかもしれません。

でも、雪上パークゴルフで一番のメリットは「狙った方向に打つ練習」ができる
ということです。

次の写真は北海道のある雪上パークゴルフのコースです。

 

一見、平らなコースに見えますが、よく見ると、雪面は小さな

凹凸があります。

 

こんなコースでパークゴルフの練習になるでしょうか。

 

はい、ちゃんと練習になるのです。

それは上にも書きましたが、「狙った方向に打つ練習」

なのです。

 

もちろん、打った後のボールがどう転がるかはわかりません。

場合によっては雪の壁に2度3度ぶつかりながら、みごと

ホールインワンということもあり得ます。

 

しかし、ティーショットの打ち出しというのは夏冬関係

ありませんね。

 

ここで、しっかりと方向性を身につけて欲しいと思います。

素振りももちろん大切ですが、その素振り通りのショットが

できるか、という実践練習ができるのです。

とは言うものの、2打目だって、方向性の練習にはなります。

 

ただ、強さに関しては、あまり練習にはならないかもしれません。

というのも、固い雪面なら、転がり方が「異常」な程です。

逆にやわらかいと転がらなくなります。

 

しかし、方向性はどんな時でも練習になるし、大切なことです。

それが夏場に活かされるなら、冬の練習が価値あるものとして

あなたの体に沁みつくことになるでしょう。

 

ひで
ひで

なるほど、それなら枯れた芝の上でも十分練習になるということですね。

きたはち
きたはち

そのとおりです。枯れ芝でも、雪上でも、とにかく方向性を身につけるという練習をするのだ、という精神で参加してください。

 

お悩み相談受付中!
パークゴルフで悩んでいませんか?
只今、パークゴルフの悩み相談を受付け中です。 当サイト管理人の「キタハチ」が直接お答え致します。 お一人お一人真剣に回答しますので、 是非、この機会にパークゴルフの悩みを送って下さいね。
ショット
スポンサーリンク
kita782をフォローする
上々パークゴルフ

コメント