パークゴルフ|方向性を出す打ち方

スポンサーリンク
ショット

質問:方向性をしっかり持たせる打ち方を教えてください。

 

 

ゆり
ゆり

まだ方向がしっかりしないのですが、狙った方向にしっかりと打てる方法を教えてください。

きたはち
きたはち

長いホールでも方向性はしっかり出さないと辛いことになっていましますが、せめて短いホールではホールインワンか、悪くても「2」を取りたいですよね。

 

きたはち
きたはち

今までも、距離と方向性を合わせる解説をしてきました。

今回は方向性を出す、ある打ち方をご紹介します。

まず、動画をご覧ください。

方向性重視なら十勝打ち!【パークゴルフテクニック】

ここで言っています「十勝打ち」というのは帯広の代表的な萩史之選手に代表

される打ち方で、次の3つが特徴的です。

1 足はややオープン

2 バックスイングの時、右ひじをたたまない。

これはゴルフのバックスイングの時に右ひじを折り曲げる打ち方を

しない、ということです。どちらかと言うと、右ひじを体に巻きつける

イメージです。ここでも意識すべきは両脇を空けないことです。

3 フォロースルーは、ボールを追いかける感じで、体を前に持っていきます。

 

萩さんが花夢里のコースで打っている写真で説明します。

おわかりでしょうか?

十勝では札幌近郊にある有料のパークゴルフ場とは違って、フェアウエイと

ラフの違いがありません。つまり、草原で始まった競技ですから、遠くに

飛ばすためには転がしては話にならないから、打ち上げるためにこのような

打ち方をするようになったと考えられます。

 

しかし、この動画のような打ち方はこの人の打ち方と考えた方が良いと

言えるでしょう。

 

自分で試して、それが良ければ自分のショットに加えましょう。

 

きたはち
きたはち

是非試してみてください。

ですが、基本はやはりこれまでに解説してきた打ち方であることを確認しておきます。

コメント