パークゴルフ|飛距離を伸ばす科学的分析

スポンサーリンク
ショット

質問:飛距離を伸ばす方法を教えてください

ひで
ひで

方向性は結構良くなりました。ですが、もう少し飛距離を伸ばす技術を身につけたいと思います。どうしたら良いでしょうか。

きたはち
きたはち

そうですね、距離が出るということはそれだけで武器になります。しかし、何度も申し上げていますが、ティーショットは飛距離よりも方向が大切です。それをきちんと押さえた上で飛距離を伸ばす方法を解説します。

飛距離を伸ばす科学的な理論

まず、ゴルフの写真を見てください。パークゴルフは似たようなスイングなので、

分かり易くこの写真を使います。

黒い線が入っているように、スイングの方向は斜め下になっています。

ところがこのスイングの方向はボールに最大限の力を与えてはいません。

 

今度は野球のスイングを見てみましょう。

少し体が後方に倒れているのですが、スイングの方向は水平、つまり体の軸にほぼ垂直です。

(写真はやや上に上がっていますが)

 

つまりボールに最大限力を与えるには体の線に垂直に振るべきだということです。

左の写真では下方向に降り出そうとしていますが、ここで言う理論的に飛ばす方向は右の写真の線の方向、つまり水平方向です。

ただ、ゴルフもパークゴルフも水平方向に振ってはボールに当たりませんから、止む無く下の方向に振ることになる訳です。

この理論的根拠をお話します。

本来、水平方向に振れば、ボールに最も力が加わり、より遠くに飛ばすことができます。

(図ではオレンジの方向)

しかし、図の黒の方向に振ると、力が下方に与えられ、オレンジと同じ力で振っても、飛球線方向へは赤の部分しかボールには伝わりません。つまりそれだけ、力をロスしているのです。

 

お分かりでしょうか。最も力が伝えられるのはクラブを体の軸と直角に振るのが理想なのです。

 

ですが、クラブの長さと身長の高さにより体の軸と直角に振れないので、止む無く打ち降ろす角度に振っているのです。

 

ですから、できるだけ体の軸と直角に近い方向に振るというのが、飛ばすための科学的理論なのです。

いかがでしょうか。ただ、科学的根拠はこうですが、人それぞれに打ち方があると思います。

自分が一番打ち易いフォームで打つという考えもありますが、より良いフォームに変えるという勇気も必要です。

私自身、この振り方に変えてから、2割は距離がアップしました。

是非挑戦してみてください。

 

最後に一つだけ付け加えておきます。バックスイングは飛球線の方向ではなく、体に巻き付けるように「右後ろ」です。そしていつも確認しているように脇を締める。

これも忘れてはいけない重要なポイントです。

追記:打った後のフォローは飛球線方向がベストです。フォローを左後方へ引くとボールの飛び出し方向が左に引っ張られる可能性が強くなります。

 

きたはち
きたはち

 ひでさん、是非マスターしてください。

 

質問コーナー(パークに関する質問なんでもどうぞ)

コメント