ショット

スポンサーリンク
ショット

パークゴルフ|転がし、ライナー、ロブショットの打ち分け

距離の短いホールでの転がして攻める、ミドルの距離のホールやドッグ・レッグのホールで攻めるライナー、そして距離のあるホールではロブショットで距離を稼ぐ、あるいはショート・カットで攻める、といった打ち分けができると、幅広い攻め方ができます。動画とその解説であなたもぜひ身につけてください。
ショット

パークゴルフ|ボールに回転を与える打ち分け

ゴルフではスライスやフックはミスショットですね。でもフェードボールやドローボールは攻撃的な打ち方です。パークゴルフでもそれができます。フェアウエイが傾いていて、どうしてもボールが流されてしまう時、ボールに回転を与えることでそれを少しでも小さくするという方法です。動画を見ながら理論を学習しましょう。
ショット

パークゴルフ|振り子打法でボールを浮かせよう

前回お話した振り子打法を発展させて、浮かせるボールを打ってみましょう。動画を見ながらのレッスンです。ポイントも記載していますので、何度も見て、何度も読んで会得してください。
ショット

パークゴルフ|ショットの飛距離を伸ばしたい

飛距離を伸ばすためには、基本がしっかりできていなかればなりません。ただやみくもに力いっぱい振るだけでは、正確なショットができず、飛び過ぎたぶんだけOBになり易いという最悪の結果になってしまいます。ポイントを絞って説明します。
ショット

パークゴルフ|上げボールの打ち方を教えてください

理論的に考えると、大変簡単なことなのです。ただ、スイングを意識すると、理論を忘れてボールを打ちにいくので、つい、力が入って、迎えに行く打ち方になってしまいます。簡単な理論です。しっかり頭に入れて、まずはゆっくり打つ練習から始めましょう。
ショット

パークゴルフ|距離の合わせ方を教えてください

方向性の確率が上がれば、次は距離のつかみです。効果的な練習法で距離感も身につけましょう。そうすることで、あなたの技術が上がり、同時にスコアもアップすること間違いなしです。
ショット

パークゴルフでグリップの手は離れていても良いのですか?

パークゴルフでグリップについては、どんな握り方でも許されています。要は狙った方向に、正確な距離を打てるかということができれば良いのです。でも、握り方によってはボールが飛ばないというのでは意味がありません。
スポンサーリンク