パークゴルフ|アプローチ、かぶせ打ち・ロブショット・すくい打ち

スポンサーリンク
アプローチ

質問:ラフからのアプローチ・ショットを教えてください。

しん
しん

ラフからのアプローチの仕方はいろいろあると思いますが、その方法を教えてください。

きたはち
きたはち

それでは例によって、また動画から見てもらいましょう。

【パークゴルフ】アプローチ練習「すくい打ち」「かぶせ打ち」「ロブショット」

かぶせ打ち

この打ち方は、ボールが止まっている芝と土の硬さに

よってボールの弾み方が異なるので、なかなか難しい

打ち方です。

 

動画のように、3球打てれば、1球目の飛び方・転がり方

を見て、調整できますから同じ場所からは段々と良くなる

のが普通です。

 

気を付けることは、やはり手だけで打ってはいけないことです。

脇を締めて、体の回転で打ちましょう。それが打ち損じを

少なくする最大で確実な方法です。

 

コースに出る前に練習場で慣れておきましょう。

ただし、芝と土の感覚は、場所によってすべて違う

ことを肝に銘じておくべきです。

 

三角打ちによるロブショット

この打ち方は、かぶせ打ちよりも芝と地面に影響を

受けないので、安定的に成功し易い打ち方です。

 

毎回言っていますが、

1 フェイス面は飛球線方向。別の言い方をすれば

クラブヘッドにある矢印を狙う方向にする。

2 クラブを振る方向は両足のつま先を結ぶ線の方向

そしてこれも脇を締めて振ることを忘れてはなりません。

すくい打ち

3つの中では最も難しいショットです。

しかし、方向性は一番安定しています。

 

ただ、「2度打ち」をし易いショットですから、

自信をつけてから使うことをお勧めします。

 

まとめ

いずれも、しっかり練習して、自信をもってゲーム

の時に使えるようにしましょう。

いずれの場合も脇を締めて、大きくゆっくり振る

ということを意識してください。

どうしても小さなバックスイングでチョンと打つ

人が多いようです。

大きくゆっくり振る

ということを意識しましょう。

 

 

質問・疑問がありましたらこちらにお願いします。

直接ご返事することができますし、場合によっては

記事の参考にさせていただきます。

もちろん、その際は仮名で行います。

お問い合わせフォーム

コメント